15 牧 一宮神社石造鳥居(市指定)

 福知山市字牧  一棟  明神鳥居  最大幅720p 高さ500p

 柱間395p 柱径34p 元禄五年(1692)

 この石造鳥居は明神鳥居であり、もっとも標準的な鳥居である。2本の柱をやや内ころび(八字形)に建てる形で、その柱足には2段の亀腹(かめばら)を設けている。柱の頂上に島木(しまぎ)(横木)をわたし、島木の上にさらに笠木(かさぎ)を重ねて、これを3石で組み合わせて造っている。また柱頂からやや下がったところに貫(ぬき)を入れ、貫の先端は柱を貫いて横に出る。そして島木と貫の間の中央に束を置き、その束に「一宮大明神」と書かれた扁額(へんがく)(銅製)をかけている。

 柱に銘文が刻まれており、銘文からこの石造鳥居は元禄五年(1692)に氏子が建立したもので、一宮神社の創建が建久四年(1193)といわれているので、ちょうど創建五百年目にこの鳥居が建てられたことになる。作者は「理兵衛」という大工であり、福知山市内の石造鳥居としては最も古く、また大きい鳥居としても貴重である。

(銘文)(右柱)奉納興□元禄五 壬申 年五月吉日」

      (左柱)寄進惣氏子中 十二村」 石本村」  牧村」

       波江村」  漆端村」  作工 理兵衛