5 堀 一宮神社 脇差(市指定)

福知山市字堀  (いっきゅう)神社

一口  長31.6p.0.2p 目釘2

作者は濃州兼定で、「関和泉守兼定」の銘がある。福知山城主朽木五代玄綱が寛延二年(1749)に一宮神社に宝剣として奉納していたものである。反りが非常に少なく直刀に近い姿をしており、本市における脇差の代表作といえる。