トップページ > 市民のみなさまへ > 教育・文化・福祉 > 福祉 > 親と子の福祉 > (現在位置)児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当

市民のみなさまへ

親と子の福祉

児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当

児童手当

15歳到達後最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前の児童)を養育している人に
申請月の翌月分から支給されます。
公務員の場合は、職域で支給されます。

●支給額(月額、児童1人につき)

 児童手当(所得制限基準額未満の人)
   ・0歳~3歳未満(一律)          15,000円
   ・3歳~小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
   ・3歳~小学校修了前(第3子以降)    15,000円
   ・中学生(一律)               10,000円

 特例給付(所得制限基準額以上の人)
   ・0歳~中学生(一律)              5,000円

 ※支給は、6月・10月・2月に、前4か月分を受給者口座に振込みます。

 ○所得制限(平成24年6月分から)

 平成24年6月分から児童手当に所得制限が導入されています。
 認定を受けている人の所得については、現況届で確認します。
 現況届は毎年6月に受給者(保護者)宛てに送付しますので、必ず提出してください。

※平成24年5月以降の申請には、申請年の1月1日に福知山市に住所がなかった場合、1月1日(1月分から5月分の申請は前年の1月1日)に住民登録を行っていた市区町村が発行した児童手当用の所得証明書が必要となります。
 

所得制限基準額表

扶養親族等の数

所得額

収入額の目安

0人

622.0万円

833.3万円

1人

660.0万円

875.6万円

2人

698.0万円

917.8万円

3人

736.0万円

960.0万円

4人

774.0万円

1,002.1万円

5人

812.0万円

1,042.1万円

 

各種様式は、こちら↓からダウンロードしていただけます。
   認定請求書.pdf
   額改定認定請求書.pdf   

   


児童扶養手当

父親または母親のいない家庭の児童で、「満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童」または、「20歳未満で中度以上の障害のある児童」の母または父、あるいはその児童を養育している人に支給されます。また、父親又は母親に国民年金のほぼ1級障害程度の重度の障害がある場合も支給されます。(所得制限あり)

●支給額(平成28年4月支給分から:支給対象児童1人の場合)
  全額支給:月額42,330円
  一部支給:所得に応じて月額42,330円から9,990円まで10円単位の額になります。
  ※第2子については月額5,000円、第3子以降については、1人につき月額3,000円が加算されます。

 *平成22年8月より父子家庭のみなさまにも児童扶養手当が支給されるようになりました。
 *平成24年8月より、父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けた場合にも児童扶養手当が支給されるようになりました。


特別児童扶養手当

身体や精神に中程度以上の障害のある20歳未満の児童を養育介護されている人に支給されます。(所得制限あり)

●支給額(月額 児童1人につき)
・1級 51,500円
・2級 34,300円

« 前の記事へ |  親と子の福祉一覧へ  | 次の記事へ »

福知山市役所
〒620-8501 京都府福知山市字内記13番地の1 Tel:0773-22-6111(代表)
開庁時間/月~金曜日(祝日除く)午前8時30分~午後5時15分
水曜日(祝日除く)一部窓口を午前8時30分~午後7時まで開設
開設している窓口はこちらをご覧ください
各課の直通ダイヤルはこちらをご覧ください