トップページ > お知らせ > (現在位置)福知山 丹波くりスイーツアイデアコンテスト結果発表!!

イベント・観光

お知らせ

福知山 丹波くりスイーツアイデアコンテスト結果発表!!

 

プロ部門グランプリは 栗をかたどった「ビッ栗!まるごと丹波のマロンぱん」

 

 10月14日(日)、厚生会館(西中ノ)で今年初めて開催した「福知山丹波くりスイーツアイディアコンテスト」の最終審査を行いました。
 福知山の特産である「丹波くり」の生産・消費拡大を目指し、はじめて開催したもので、プロ部門と学生部門の2部門で今年7月から募集したところ、プロ部門には11人13作品、学生部門には26人27作品の応募がありました。そのうち書類審査を通過した、プロ部門5作品、学生部門5作品が最終審査に参加しました。
 グランプリや審査員特別賞を受賞したスイーツは、今後、商品化と販路拡大の支援をするとともに、11月24日、25日に福知山城で開催される「竜王戦」第4局で、棋士のおやつメニューにも掲載されます。

 

 

■審査結果

 ― プロ部門 ― 

301016 purobumonn gurannpuri.JPG
<グランプリ> 
 ビッ栗!まるごと丹波のマロンぱん

 岩切康子さん (まころパン)

 

301016 purobumonnsinnsainntokubetussyou.JPG
<審査員特別賞> 
  栗みそのバタークッキー

  加藤眞さん (ランチハウスリリィ)

 

― 学生部門 ―

301016 gakuseibumonngurannpuri.JPG
<グランプリ>
 丹波の実り

 石川果歩さん (京都華頂大学)

 

 

 福知山ドッコイセ大使であり、新橋のミシュラン一つ星レストラン「ラ・フィネス」オーナーシェフ・杉本敬三(すぎもとけいぞう)さんの呼びかけで、入手困難なプレミアムスイーツがテレビなどで話題となり、住所非公開・完全予約制レストラン「ete」オーナーシェフをつとめる女性パティシエ庄司夏子(しょうじなつこ)さん、ミシュランレストランを複数経営し、日本の食文化を独自の視点で発信している阿部光峰(あべみつほ)さん、大阪にあるミシュラン三ツ星の料亭「柏屋」総料理長で、世界で日本伝統の食文化を発信し続けている松尾英明(まつおひであき)さんといった日本料理界の著名人が審査員として集まりました。
 審査委員長の杉本敬三さんは、「審査員も控え室でたくさん議論しました。接戦ではありましたが、おいしいのは当然として、福知山らしさがあるか、商品化した後もしっかり売っていけるものかを重視しました。料理というものはどんなものでも、一度作ったら終わりではありません。商品化に向けてブラッシュアップし、よりよい商品にしてほしい」と話しました。
 グランプリに選ばれた「ビッ栗!まるごと丹波のマロンぱん」については、「アイディアが良い」、「見た目がわかりやすく、栗らしい。商品化を前提としたときに一番可能性を感じた」、「栗を食べたというボリューム感があった」といったコメントが寄せられました。

  

<問い合わせ先>
 福知山市役所 市長公室 秘書広報課
 TEL.0773-24-7000
  FAX 0773-24-7023
 MAIL:hisyo■city.fukuchiyama.lg.jp
 (ただし、■は@に読み替えてください。)

 イベント・観光一覧へ  | 次の記事へ »

福知山市役所
〒620-8501 京都府福知山市字内記13番地の1 Tel:0773-22-6111(代表)
開庁時間/月~金曜日(祝日除く)午前8時30分~午後5時15分
水曜日(祝日除く)一部窓口を午前8時30分~午後7時まで開設
開設している窓口はこちらをご覧ください
各課の直通ダイヤルはこちらをご覧ください